CAREERSHIP

記事更新日: 2020/09/10

執筆: 編集部

編集部コメント

教材の作成・学習管理機能・受講生とのコミュニケーションツールなど豊富な機能が揃ったeラーニングシステムです。MBA(経営学修士)やコンプライアンス、ハラスメント対策など、グローバル企業に対応する教材が300以上あり、自社の目的に合った講義を提供できます。教材の種類や学習状況の管理・受講生とのコミュニケーションを重視する企業にはうってつけです。

eラーニングシステムを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

eラーニングシステムツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする3サービスの資料をダウンロードできます。

1. ラーニングマネジメント機能

様々なタイプの教材を自由度高く配信できるだけでなく、集合研修管理やコースの設定が可能

2. タレントマネジメント機能

受講者の職歴・資格・学習履歴などキャリアに関する情報を一元管理できる

3. コミュニケーション機能

メッセージボードで受講生とコミュニケーションが図れ、オプション機能ではオンライン上で社内外の専門家に相談可能

良い点

MBAやコンプライアンス、ハラスメント対策など、グローバル企業に対応する教材が300以上あるので、自社の目的にあった教材を利用できます。

悪い点

公式サイトからの問い合わせは問い合わせフォームからのみとなっているので、運用面などの質問に対する回答に時間がかかる可能性が高いです。

費用対効果:

料金等詳細はお問い合わせが必要ですが、大企業での豊富な導入実績があります。

UIと操作性:

講座の選択画面やテストの結果のグラフなどはシンプルで見やすい画面となっています。

多言語対応:

日・英・中(簡・繁)の4言語に対応しています。

CAREERSHIPの特徴

配信や権限管理の設定・データ連携ができる

集合研修管理では、基本的な機能にプラスして重複申し込みの防止や承認管理など、多彩な管理機能が搭載されています。また、修了・合格の条件を設定し、eラーニングや集合研修、アンケートなどを一つのコースとして配信することもでき、自由度の高いコース設定が可能です。

人事システムと連携することも可能です。この連携機能によって、ユーザ情報が最新の状態を維持できます。さらに、事前に登録しておいた条件で特定のグループに自動で教材やリマインドメールなどの配信ができるので、新人研修などの業務効率化を実現できます。

統合型管理システムのイメージ
 

とにかく機能が充実

学習の成果を管理する機能やコミュニケーションをとれる機能が充実しています。

たとえば、専門職種・業種に必要なカリキュラムの進捗度をキャリアマップやキャリアカルテにより可視化することができます。eラーニングによって効果的な学習成果があったかどうか分析できるのは大きな魅力といえるでしょう。

メッセージボード(インフォメーション)機能を利用すれば、受講生との円滑なコミュニケーションが図れます。また、ワークフロー機能では、自己啓発研修の申し込みや受講後アンケートの回覧など、自社に必要なフローにあわせて設定できるので大変便利です。

CAREERSHIPの料金プラン

料金プランの詳細は問い合わせをする必要があります。

まとめ

CAREERSHIPの特徴や料金について解説しました。

eラーニングシステムについてはこちらの記事もぜひ参考にしてください。

画像出典元:「CAREERSHIP」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

eラーニングシステムの資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

その他のeラーニングシステム

起業ログが厳選するeラーニングシステム
まとめて資料請求する
※資料請求後にサービス提供会社または弊社よりご案内を差し上げる場合がございます。プライバシーポリシーおよび利用規約に同意の上
LearnO
識学
MENTER
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ