eden LMS

記事更新日: 2020/09/28

執筆: 編集部

編集部コメント

低価格の料金でWeb上でかんたんに教材の作成ができるクラウド型eラーニングシステム(LMS)です。ナレーション付きの動画作成やワープロ感覚での教材編集などコンテンツ作成機能も充実しているので、だれでもかんたんに教材を作成・運用できます。コストを抑えて効果的なeラーニングをおこないたいと考えている企業にうってつけです。

eラーニングシステムを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

eラーニングシステムツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする3サービスの資料をダウンロードできます。

1. 学習状況の把握ができる

受講生の学習状況の把握や受講の催促が可能

2. 教材をかんたんにWebブラウザから作成

教材や様々なテスト・アンケートなどをWeb上でかんたんに作成できる

3. 集合研修参加募集・履歴管理

集合研修や実技の講習、オフライン実施教育における受講履歴管理や参加者募集まで管理できる

良い点

教材の作成がWeb上でかんたんにでき、利用頻度にあわせて3つのプランを選択可能・月単位で変更も可能など使い勝手のいいeラーニングシステムといえます。

悪い点

最少利用人数は10人からとなるので、小規模で利用したい場合は注意が必要です。

費用対効果:

初期費用無料で、10~300ユーザーで利用の場合は月額300円(年間契約は月額270円)のプランから用意されているのでコストパフォーマンスに優れています。

UIと操作性:

ワープロ感覚でeラーニングの教材が作成できます。作成画面を開き、文章や画像をいれていくだけで簡単に作成可能です。

eden LMSの特徴

とにかく教材の作成がかんたん

ワープロソフト感覚で文章と画像を入れていくだけで、かんたんに教材が作成できます。パワーポイントのデータを利用したスライドショーといった動画のeラーニングコンテンツも、知識をもたない方でもスムーズに動画の教材を作成可能です。

一度コンテンツを作れば、PC・タブレット・スマートフォン・フィーチャーフォンなど、受講者のさまざまな端末に合わせて自動的に見やすいよう変換してくれるので、効率的な学習が可能となります。

テスト問題は択一式や記入式など種類を選択でき、アンケートの実施にも対応しているので、多様な問題作りや講義のフィードバックを社内で共有することもできます。

さまざまな人材育成の目的にあわせてデータを管理できる

eden LMSであれば、集合研修や実技の講習、オフライン実施教育の受講履歴管理や参加者募集についても管理できます。また、人事評価や職歴という項目を作成して管理できるので、学習データを人材育成のデータとして一元管理することが可能です。

受講状況はWeb上の管理画面から確認することができます。さらに、データの一覧をExcelで閲覧できる形式で一括ダウンロードすることも可能です。新入社員のグループごとの平均値をグラフ化して閲覧したいなどという場合も、この機能を利用すればスムーズに対応できます。

加えて、受講状況を確認する権限を設定できます。たとえば、各部署の上司だけがメンバーの受講状況をチェックできるという設定も可能なので、一人一人にあった講義を薦めることもでき大変便利です。

 

eden LMSの料金プラン

料金プランは3種類です。

①最大同時アクセス数プラン:「同時にアクセス可能なユーザー数」で料金を計算

②ユーザーID数課金プラン:「利用するユーザーID数」で料金を計算

③休止プラン:ユーザーID・コンテンツ・受講履歴を残したまま休止できる

月額1,500円(利用を休止する月だけ、①または②から③に切り替えて利用)

画像出典元:「eden LMS」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

eラーニングシステムの資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

その他のeラーニングシステム

起業ログが厳選するeラーニングシステム
まとめて資料請求する
※資料請求後にサービス提供会社または弊社よりご案内を差し上げる場合がございます。プライバシーポリシーおよび利用規約に同意の上
LearnO
識学
MENTER
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ