オフィスバンク

記事更新日: 2022/12/02

執筆: 根本翔伍

編集部コメント

潜在的なニーズまでカバーしてくれるオフィス移転コンサルティング

「オフィスバンク」は物件の仲介だけではなく、様々なオフィス課題や要望に合わせて最適なオフィス環境を提案し、長期的なパートナーとして伴走してくれるオフィス移転コンサルティング会社です。

社内アンケートやヒアリングといった現状把握の段階から関わってくれ、企業の潜在的なニーズまでカバーしたオフィス物件を提案してくれるのが魅力です。物件オーナーとのコネクションも強く、未公開物件の情報も多数保有しています。

チームでのバックアップ体制を取っているため、担当者の力量に左右されることなく、安定して満足度の高いサービスを受けることができます。

オフィスバンクだけ知りたい方はこちら

オフィスバンクの資料を請求
良い点

オフィス移転の必要があるかどうか、現状把握の段階から長期的なオフィス戦略プロジェクトに関わってくれます。複雑なオフィス物件の契約書類のリスクチェックもおこなってくれるため、移転が初めての企業でも安心できます。

悪い点

オフィスを移転する際の引っ越し作業は行っていません。オフィスを中心とした事業用不動産の取り扱いがメインで、住居用不動産の取り扱いはありません。

費用対効果:

一般的なオフィス仲介業者と同じで、物件の賃料に応じて仲介手数料が発生します。市況に関する知見や交渉力に定評があり、サポートの幅も広いので費用対効果は良いでしょう。

UIと操作性:

公式ホームページのフォームからだけでなく、電話やSNSでの問い合わせも可能です。コンサルティングはもちろん、相談もSNSやビジネスチャットなど、依頼主の都合の良いツールを使用でき、スピーディに対応してくれます。

サポート体制(運営会社の):

「最高のオフィス移転体験」を提供することをミッションに掲げる依頼者側に寄り添った姿勢の会社です。無料のイベント(ウェビナーやオフィスツアー)をはじめとした情報提供や、移転が完了して終わりではなく、移転後に発生した課題に対してもサポートが受けられます。

オフィスバンクの導入メリット5つ

1.高い物件提案力

オフィスバンクは物件提案における質の高さに定評があります。

未公開物件情報も多数保有しており、幅広い選択肢の中から適した物件を提案してくれるのです。

オフィスバンクを利用すれば、エリアや面積といった一般的な希望条件通りの物件だけでなく、ミッションや戦略、今後の人員計画等も加味した潜在的なニーズまでカバーした物件を見付けることができるでしょう。

潜在的ニーズまでカバーした物件を提案

2.依頼主に合わせたツールでコミュニケーション

オフィスバンクでは、一般的な不動産会社が使うFAXや電話、メールだけではなく、SNSやビジネスチャットなど、依頼主に合わせたツールでコミュニケーションを取ってくれます。

「外出が多く電話を取りづらい」「メールやFAXでは時間がかかる」などの悩みを抱えている企業であっても、オフィスバンクならばカジュアルでストレスのないやり取りが可能でしょう。

依頼主に合わせた幅広い連絡手段

3.物件オーナーとの高い交渉力

オフィスバンクでは賃貸借契約締結のための一時的な関係ではなく、長期的な関係を見据えて物件オーナーとの交渉をおこなっています。

オーナーの特性やオフィス市況を加味した上で、依頼主の立場に立った粘り強い交渉で適正価格を引き出してくれるため、不動産の契約に不慣れな場合でも安心して任せることができるでしょう。

依頼主の立場に立って交渉

4.チームによるフォロー体制

オフィスバンクではチームによるフォロー体制を敷いており、依頼主の疑問にスピーディに対応することができます。

一般的な仲介会社のように担当の力量に左右されることがなく、安定して満足度の高いサービスを受けられるでしょう。

チームによる手厚いフォロー

5.スタートアップ、ベンチャーに対する深い理解

オフィスバンクの本社がある渋谷は「日本のシリコンバレー」と呼ばれるほど、数多くの有名なIT企業が集中しています。

現在では誰もが名前を知っているような有名企業を、オフィスバンクはスタートアップ時より支援してきた実績があり、スタートアップ、ベンチャー企業への理解が深いことが特徴です。

資料請求リストに追加する 

オフィスバンクのデメリット2つ

1. 搬出・輸送・搬入などの引っ越しサービスは行っていない

オフィスバンクのサポート内容には、搬出・輸送・搬入などの引っ越しサービスは含まれていません。

現オフィスとの契約によってはオフィスバンクの居抜き撤去コンサルを利用できる場合もありますが、現状回復工事にサポートが欲しい場合は、他これらについては別のサービスを検討することになるでしょう。

2.補助金・助成金の申請サポートはない

オフィスバンクのサポート内容には、オフィス移転に関する補助金・助成金の申請サポートは含まれていません。

申請書の作成に対してサポートが欲しい企業は、他のサービスを検討することになるでしょう。

オフィスバンクの料金プラン

オフィスバンクの料金やプランについては問い合わせが必要となっています。

しかし、現状分析から移転後のアフターフォローまで手厚い支援を受けられるため、料金に対して不満を感じる可能性は低いと考えられます。

競合製品との料金比較

オフィス移転コンサルティングは料金について問い合わせの企業が多く、すぐに競合サービスと比較することはできません。

しかし、オフィスバンクは公式ホームページにおいて一般的なオフィス仲介業者と同じ料金であることを記しています。

移転プロジェクトの全体サポートなど手厚い支援を受けられるため、費用対効果は高いと言えるでしょう。

  オフィスバンク ダイヤ オフィスシステム株式会社 アイリスチトセ
費用 要問い合わせ 要問い合わせ 要問い合わせ
特徴 現状分析〜アフターフォローまで
移転プロジェクト全体をサポート。
居抜き入退去へのコンサルティングサービスもあり
オフィス物件仲介から、レイアウト設計~原状回復工事までワンストップでご提案 オフィス家具販売サービスあり。
移転時の家具レイアウトの他、運用後の備品の追加なども継続してサポート。

 

資料請求リストに追加する 

オフィスバンクの評判・口コミ

豊富な知識とご経験をもって一緒に仕事を前に進めてくれる、大切なチームの一員
①大手IT企業A

オフィスバンクさんの場合は、不動産契約にまつわる専門知識はもちろんのこと、市場の情報も豊富にお持ちで、ご相談するとなんでもお答えいただける心強さがあります。 我々が0から勉強していては多くの時間がかかってしまうところを、オフィスバンクさんが教えてくださるおかげで、プロジェクトもうまく推進でき、私を含めたメンバーも成長させていただいています。

専門家ならではの助言をいただけた
②大手IT企業B

未完成のビルを借りることが初めてだったことに加えて、ビルの制約も非常に多いという状況でした。 そんななか、「こういう特約を取っておけば、プラスに働くかもしれませんよ」といったことや、人数に対して広い面積のスペースを借りることについても「リスクを回避するには、こういう考え方を持っておいた方がいいですよ」といったように、専門家ならではのご助言をいただくことができて非常にありがたかったです。

オフィスバンクは「同じ船に乗って考えてくれる頼もしい仲間」
③大手IT企業C

やり取りが非常に丁寧かつスピーディーだと感じました。 先ほどお話した、今回の物件をご提案いただいたやり取りからも熱意を感じましたね。 同じ船に乗って取り組んでくれる人だと感じ、非常に嬉しく思いました。 オフィス移転に関しては素人ですから、いろいろと教えていただき助かりました。

*「オフィスバンク」公式HP参照

オフィスバンクを導入すべき企業・向いていない企業

導入すべき企業

移転プロジェクト全体をサポートして欲しい会社

オフィスバンクでは、社内アンケートやヒアリングによる現状分析の段階から移転プロジェクトに関わってくれます。

オフィスの移転が完了した後も定期的に問題解決サポートなどを提供してくれ、長期的なパートナーとして支援を受けられます

契約手続きへのサポートが欲しい会社

オフィスバンクでは賃貸借契約書の文言や条件について細かくリーガルチェックをおこない、重要事項説明書の説明や契約手続きサポートをしてくれます。

オフィスの移転が初めてで契約手続きに不安を抱えている企業でも安心できるでしょう。

資料請求リストに追加する 

向いていない企業

引っ越し作業や什器廃棄をして欲しい会社

オフィスバンクのサポート内容には、引っ越しや什器の破棄は含まれていません。

希望に沿う様な他社サービスの紹介や相談などは、事前に確認が必要となるでしょう。

まとめ

オフィスバンクは、移転プロジェクト全体の支援をしてくれるオフィス移転コンサルティングです。

チームでのバックアップ体制を取っており、契約書類のリスクチェックは2名以上の体制でおこなっているため、オフィス契約に不安を抱える企業であっても安心して任せることができます。

居抜き入退去コンサルティングもおこなっており、コストを抑えた移転をおこないたい企業に最適のサービスです。

資料請求リストに追加する 

画像出典元:「オフィスバンク」公式HP

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ