kinnosuke

3.5

記事更新日: 2021/11/09

執筆: 編集部

編集部コメント

勤怠管理を効率よく行いたい企業には「kinnosuke」はオススメです。
情報を一元管理できるため、労務管理の工数削減に繋がります。
また、手厚いサポートもあるため、クラウド型のサービスに慣れていない企業も安心して導入することができます。

勤怠管理システムを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

勤怠管理システムツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする10サービスの資料をダウンロードできます。

良い点

定期的にアップデートが行われるため、労働基準法の改正などにも対応することができます。法改正時の労務担当者の負担軽減は大きなメリットです。

悪い点

APIで連携できるサービスが少ないという声もあります。定期的なアップデートに合わせて、連携サービスが増えていくことが望まれます。

費用対効果:

「kinnosuke」は、1ユーザーあたり月額350円から運用できます。導入初期費用は、要件により別途見積もりとなります。

UIと操作性:

「kinnosuke」の操作画面はシンプルで分かりやすいです。一方、シンプルなゆえにUIが古臭く感じるという声もあります。

社外連携:

クラウド型のサービスのため、ネット環境さえあれば「kinnosuke」を操作することができます。一方、API連携できる他社サービスは多くはありません。

導入ハードル:

導入時は専任の設定チームが要件ヒアリング~導入設定までを対応してくれます。

サポート体制:

導入後は、電話またはメールでのサポートを受けることができます。組織変更があった際の相談などをすることもできます。(設定変更などは有償)

kinnosukeの特徴3つ

1.導入サポートが充実している

「kinnosuke」は、初期導入サポートが充実していることが大きな特徴です。

専任の導入支援チームが各企業の実態のヒアリングを行ったうえで、初期設定の代行までを行ってくれます

各企業の就業規則や「kinnosuke」導入後の運用方法、出勤簿の集計方法等をヒアリングしたうえで初期設定の代行をしてくれるため、現場の混乱を防ぐことができます。

また、初期設定の代行は、導入後に各企業が自分たちで利用できるよう、運用のスリム化までを提案してくれるため、安心して任せることができます。


導入支援を安心して任せることができる

2.自社サーバ不要でシステム導入できる

「kinnosuke」はクラウド型のサービスのため、自社で専用サーバーを用意する必要がありません。

そのため、システム導入にあたり専任の技術者を各企業で用意する必要はありません。

また、「kinnosuke」は高度なセキュリティ基準をクリアしているサーバー『アマゾンウェブサービス(AWS)』で運用されているため、情報保全の観点からも安定したシステム運営の観点からも安心です。


「kinnosuke」の動作環境は安定している

3.従業員・管理職・人事経理担当それぞれに役立つ機能が実装されている

「kinnosuke」には、従業員・管理職・人事経理担当それぞれに役立つ機能が実装されています。

まず、打刻をPC、スマホ、タブレット、レンタル型タイムレコーダーから行うことができ、打刻忘れや各種申請忘れを通知してくれるアラート機能もついているため、従業員それぞれの働き方に合わせた使い方をすることができます。

加えて、実働時間や工数のグラフ化・シフトの作成・工数管理など、管理職がマネジメントを行う際に必要な機能もついています。

さらに、休暇管理の自動化や給与ソフトとの連携など、人事経理担当者の負担を減らす機能もついています。


多彩な機能で立場のことなる社員をサポート

kinnosukeの料金プラン


「kinnosuke」は、ユーザー1人あたり毎月 300〜350円/月で利用可能です。

少人数で費用を抑えて勤怠管理システムを導入したい企業は「kinnosuke SelfEedition」がオススメです。

「kinnosuke SelfEedition」であれば、初期費用なしで1か月300円/ユーザーで導入可能です。

一方、自社に合わせてカスタマイズした勤怠管理システムを導入したい場合は、「kinnosuke」を利用することになります。

kinnosukeの評判・口コミ

フレックスタイム制開始に併せて勤怠管理システムを一新
株式会社クオカード

以前は、支部の勤怠管理データを本社にメール送信してもらい、集めたデータを紙出力で保管していました。また、先にフレックスタイム制度を導入していた部署の他社製システムも併せて計算する必要があり、最終的に2つのシステムデータを手作業で統合していました。そのため、締め作業に5営業日程かかっていましたが、kinnosukeを導入してからは、およそ半分の時間で締められるようになりました

kinnosukeの導入が紙文化脱却への大きな1歩に
北辰商事株式会社

今まで締め作業時に行っていた印刷出力・書類保管作業が、データで管理し始めてから大幅に削減できたので、事務員たちも随分楽になったようです。kinnosukeは入力・申請漏れを自動通知するので、経験の浅い担当者でも管理が容易になりました。 また、非接触型のタイムレコーダーを採用したことで以前の物理的な打刻エラーがなくなり、カードに掛かるコストも削減できました。

*「kinnosuke」公式HP参照

kinnosukeの評判・口コミ

郵送/交通/物流

1001人以上

各種申請で必要な項目が自動入力され便利

利用期間

2019年4月〜2021年3月

利用をやめた理由を教えてください。

転職したため

会社の勤務形態

シフト制

使いやすいと感じた点を教えてください。

・社員証をタッチするだけで出退勤登録でき利用が簡単だった。

・有給申請、生理休暇申請、早出残業申請など、各種申請項目が一覧として表示され、該当のものを選択するだけで必要な項目が自動入力されるので、手間を省くことができる。

・月末の勤怠締めがワンクリックで可能なので、実施し忘れることがない。

・スマホからもアクセスできるので休日でもスケジュールや有給残日数を確認することができる。

不便だと感じた点を教えてください。

1度承認された内容を訂正する場合は、管理者に問い合わせてそれを削除してもらう必要があり手間がかかる。

・出勤/退勤モードをボタンひとつで切り替えられるが、うっかり間違えて登録しやすい上、訂正の申請が面倒。

・部下がシフト勤務、上長が日勤の場合、勤務時間が合わず申請しても承認してもらえないことがある。

他の会社にもおすすめしますか?

出退勤、勤怠提出は非常に簡単で、新入社員でも1日で理解できるためおすすめです。

ただしシフト勤務の社員にとっては、残業申請が面倒だったり上長と時間が合わないなどのデメリットがあるので、月〜金の日勤の社員ならば使いやすいと思います。

医療

1001人以上

1人1台のPCがない職場は適さない

利用期間

2019年6月~2022年4月現在も利用中

会社の勤務形態・雇用形態

基本勤務体制

使いやすいと感じた点を教えてください。

・名札を器械にかざすだけで出社や退勤が登録できて楽だった

・看護師なので、会社員と異なり勤務形態が夜勤や中出などがあるため、選択肢がしっかりあって使いやすかった

他のスタッフが出社していることが確認しやすかった

・勤務時間の確認がしやすかった

不便だと感じた点を教えてください。

名札をかざす器械の反応が遅いことがあり、確認に時間がかかった

・出社時の急いでいる時間帯に器械の反応が遅く、誤った勤務形態の設定で入力されてしまったときは、修正が面倒だった

・残業した際に申請が必要だが入力が分かりにくい

・すべてパソコンで行うのでパソコンに不慣れな年配者層は大変そうであった

他の会社にもおすすめしますか?

パソコンでの入力なので、1人1台パソコンを使用するような会社でないと向いていないと思う。

メーカー

501〜1000人

営業

外出時の打刻は信憑性に欠ける

利用期間

2020年1月〜2022年6月現在も利用中。

 

勤務形態・雇用形態

基本勤務体制

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・以前はタイムカード式だったが、パソコンで出勤管理ができるため、在宅勤務が可能になった

・出勤の証明ツールになるので、コロナ禍における在宅勤務でも勤怠管理がきちんとできるようになった。

・有給申請の際に詳細な理由を記載せずとも申請ができ、承認も気軽にパソコン上で行うことができた。

 

不便だと感じた点を教えてください。

自分自身で外出や戻りの打刻が可能なため、その打刻時間が正しいかどうかの判断がつきにくい

・適当に申請している社員もいたので、このツールよりもタイムカード式の方がある程度明確にわかりやすくて良いと思った。

 

他の会社にもおすすめしますか?

・内勤者だけを対象にしたツールとしては、勤怠管理ができるのでおすすめする。

IT

251〜500人

導入決定者

通常の勤務時間以外も管理しやすい

利用にかけた費用

初期費用は不明。月額費用は11万円程度。

 

導入に至った決め手を教えてください。

打刻を忘れた社員がいた場合に、こちらで確認しなくても自動で通知を出せて、打刻に関する手続きを促せるところ。

 

利用期間

2019年5月~2019年12月

 

利用をやめた理由を教えてください。

支社での社員数が増加し、大人数で割安に利用できる他のツールサービスへの移行を検討することになったから。

 

勤務形態・雇用形態

基本勤務体制

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

打刻忘れや休暇の申請など、通常と異なる動きがあった場合に自動で5分以内に自動で通知が出せた

・勤務時間を、月や週などその時確認したい単位で切り替えて見やすい表で短時間で確認できた。

・部署ごとの残業時間数をグラフで比較しながら分析できた。

 

不便だと感じた点を教えてください。

・パソコンでの打刻の際に、ブラウザの種類によって打刻が正常に完了しないことがあった。

・作業にかかる時間数を算出できるようになっていたものの、実際にかかった作業時間と差異が大きいことがあった。

休暇取得の申請を行った際に、承認が完了しても通知が1時間以上届かないことがあった

・スマホだと通知が確認できないこともあり、別途上司に休暇取得の申請が通っているか確認することになってしまった。

 

外部ツールとの連携はしやすいと感じましたか?

給与奉行と連携して、勤務時間などの情報を瞬時に取り込んで給与を1人1人正確に算出できたので、連携しやすかった。

メーカー

1001人以上

様々な休暇申請をシステム上で行える

導入に至った決め手

働き方改革のため

利用期間

2022年4月から2022年6月現在も利用中

会社の勤務形態

フレックスタイム制

使いやすいと感じた点を教えてください。

・出勤、退勤の記録のためのボタンが押しやすい。

年休などの各種申請が簡単にできる。

・年休以外の様々な申請もkinnosuke内で申請できる。

・記録忘れ等も簡単に上司に修正申請をkinnosuke内から飛ばして修正できる。

他の会社にもおすすめしますか?

kinnosukeは基本的に使いやすいだけでなく、会社で個人が使用しているパソコンのログイン記録とも連動させることができるため、勤怠が記録されていないサービス残業などを完全に把握してやめさせることができるというメリットがある。

サービス

51〜100人

必要最低限の項目なのでわかりやすい

利用期間

2016年4月〜2022年7月現在も利用中

 

勤務形態・雇用形態

シフト制

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・シンプルなので無駄な操作が必要なく、打刻操作が単純でわかりやすい。

基本項目が出勤、退勤、外出、戻り、の4項目なので、無駄な操作が必要ない。必要最低限の項目なのでわかりやすい。

・画面のデザインもシンプルで、色使いが単純なので見やすい。

・使用する際は、社員番号(4桁)と簡単なパスワードの入力だけなので、忙しい時でも直ぐに操作できる

 

他の会社にもおすすめしますか?

シンプルなデザインなので、仕事内容が忙しく勤怠打刻に時間をかけたくない場合はとてもオススメ。

サービス

101〜250人

打刻キーが小さいのが気になる

利用期間

2017年頃〜2022年7月現在も利用中。

 

勤務形態・雇用形態

シフト制、正規雇用

 

不便だと感じた点を教えてください。

・年に何度か、操作しても反映されてなかったり、エラーが起こったりする。

・以前、打刻時間が五分程ズレていることがあった。現在は改善されているが、それでも1~2分の誤差が常にあるので、正確な打刻時間ではない。

シンプルなデザインだが、打刻キーが小さいのが気になる。もう少し大きかったら見やすいと思う。

IT

11〜30人

打刻の訂正作業もスムーズにできる

利用期間

2021年9月〜2021年12月

 

利用をやめた理由を教えてください。

短期の派遣だった為。

 

勤務形態・雇用形態

シフト制

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・不慣れでも分かりやすいので、一度説明を受けて、すぐに使えるようになりました。

・システムがとてもシンプルなので、普段の打刻、スケジュールの見直しや確認も、一目で分かるようになっていました。

・管理する方との連携がスムーズでした。

・職場では沢山の人が同時にPCを使い出す為、Wi-Fiの不具合でPCが立ち上がらず、出勤の打刻が遅れる事がしばしばありました。その都度、打刻訂正の必要が生じたのですが、そのような、普段はやらなくて良い作業もスムーズに行えました

 

不便だと感じた点を教えてください。

出勤日が一度消えた事があり、原因不明のままだったと思います。

・隣の席の人が、自分のログインIDを何度か間違って入力してしまった様で、その後しばらくの間、ログインができなに作業が止まってしまっていました。(自分のログインIDは間違うべきでは無いと思うので、悪い点とまでは言えないです。)

 

他の会社にもおすすめしますか?

管理する側も利用する側も、両者にとってとても良いアプリケーションだと思います。

打刻も1分単位なので、いわゆるタイムカードの様なものとは、比べものにならない正確さです。

まとめ

これから勤怠管理を効率化したい企業にはうってつけです。

導入時のサポートも充実しているため、クラウド型に慣れていない企業でも安心して導入することができます。

システム導入のために専任者を雇う必要もなく、従業員・管理職・人事経理担当者それぞれの業務を助ける機能がついているため、各スタッフが本来の業務に集中しやすい環境を構築することも見込めます。

少人数な企業のスモールスタートとしても、1,000人規模の企業の業務効率化としても、各企業に合わせたシステムを導入することができます。

勤怠管理にお悩みの担当者は一度「kinnosuke」を検討することをオススメします。

 

画像出典元:「kinnosuke」公式HP

 

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

勤怠管理システムの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】勤怠管理システム選びのお役立ち資料
勤怠管理システム
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ