KouTei STARTER

記事更新日: 2020/11/25

執筆: 編集部

編集部コメント

「KouTei STARTER(コウテイスターター)」はバーコードとハンディターミナルを活用した工程管理サービスです。手書きの転記作業が不要になるため、業務を効率化したい企業に適しています。30日間の無料トライアルを実施しているので、導入に失敗したくない企業にもおすすめです。「i STARTER」シリーズには製造現場に必要な様々なツールがあるため、すべての課題をまとめて解決しましょう。

1. 工程の管理ができる

作業実績の履歴情報を参照可能

2. 指示書番号の一覧を参照

既に発行された指示書番号の一覧を参照できる

3. バーコード印刷が可能

品番の指示書番号をバーコードラベルとして印刷

良い点

メーカー各社のハンディターミナルアプリの開発に対応しており、プリンタやラベルなどの周辺機器まで提案してくれます。

悪い点

料金プランはありますが、金額が明確に提示されていないので、費用の観点からは導入のイメージが湧きにくいといえます。

費用対効果:

公式ホームページで紹介されている料金プランはいずれも数百万円以上となっており、コストが高いと感じてしまう方もいるかもしれません。

UIと操作性:

Web Client機能によって、社内ネットワークのPCからブラウザ経由で各種データを閲覧できます。

知名度:

サービス業や電気機器製造業をはじめ、全国750社から導入された実績があります。

導入ハードル:

ハンディターミナルの選定を無料で相談できるので、ハードウェアに詳しくない方でも気軽に導入しやすいでしょう。

サポート体制:

電話や専用フォームによる問い合わせを受け付けており、1営業日以内に連絡してくれます。

KouTei STARTERの特徴3つ

1. 無駄を減らしたシステムの導入

工程の課題を解決できるからといって安易にシステムを導入すると、不必要な機能にまでコストを支払う必要もありえます。

その点「KouTei STARTER」は独自の3STEP方式を採用。現時点、導入中、導入後に予測される問題を分類し、3段階のステップに分けてシステムを導入します。

最初の段階で目的別のデータ管理システムベースを導入し、2段階目で用途・条件別に付加機能を組立て、最終段階で状況・状態にあわせたフィッティングを行います。

必要なものだけを合理的に追加するので、無駄のないシステムを構築できるでしょう。


3STEPの導入方式
 

2. 工程管理にバーコードとハンディターミナルを活用

アナログによる管理だと、見間違いや書き間違い、入力間違いなどのヒューマンエラーが発生するリスクがあります。

「KouTei STARTER」では、バーコードとハンディターミナルを活用し、工程の開始・終了情報を管理します。

読み取ったデータは無線LAN経由でパソコンに反映でき、実績をリアルタイムで確認することが可能です。

手書きによる転記作業なくなるので、工数の削減効果が期待できるでしょう。

また、Excelによる出力機能も備わっているので、データの加工・分析にも役立ちます。


バーコードとハンディターミナルによる工程管理
 

3. 豊富なカスタマイズが可能

「KouTei STARTER」では、さまざまな機能をシステムに追加できます。

たとえば、上位連携機能では上位システムのマスタ情報をシステムに取り込めるようになります。マスタの登録や編集に関する作業工数を削減することが可能です。

工程順チェック機能では、各工程で指示書と工程のバーコード情報を読み取り、製造工程の順番を確認できます。工程飛びを防ぎたいケースに役立つことでしょう。

そのほか、加工で使った部品の戻り処理を行える機能も追加できます。現品票の手書き修正の手間を省き、戻り在庫を正確に把握するのに適しています。


豊富な機能を追加できる

 

KouTei STARTERの料金プラン

コンサルティングプランは1,000万円~であり、特定のテーマに対して解決策の立案を支援してくれます。課題や原因を分析してもらいたいケースにおすすめです。

フルオーダープランは500万円~であり、ヒアリングにもとづき完全フルオーダーでシステムを構築してくれます。反映したい要望が多い企業は検討してみるとよいかもしれません。

セットオーダープランは200万円~であり、ベースアプリに必要な機能だけを追加してくれます。トータルコストを大幅に削減したい場合にピッタリでしょう。

予算や解決したい課題に応じて柔軟にプランを選べるのは魅力です。

KouTei STARTERの評判・口コミ

現場のデータを分析できるように
近藤技研株式会社

以前まで紙だった現場の情報が、実績としてデータ化できるようになったことは、非常にすばらしい事だと感じています。また、収集できたデータを分析し、各部門の目標設定ができたことで、現場の意識も高くなっているようです。

*「KouTei STARTER」公式HP参照

まとめ

この記事では、「KouTei STARTER」の評判や口コミ・特徴・料金について紹介しました。

KouTei STARTERは柔軟なカスタマイズが可能な工程管理システムであり、製造工程の順番をチェックする機能や使用部品の戻り処理を行える機能などを追加できます。

必要な機能を柔軟にカスタマイズできるので、不要なコストをかけたくない企業にピッタリといえるでしょう。

そのほか、Excelによる出力機能も利用できるので、データの分析や加工までを検討しているケースにもおすすめです。

あなたがもし管理者で、工程管理システムの導入を検討しているなら、現場の作業員にも現状の不都合をヒアリングしましょう。工程管理だけでなく、それらの課題もまとめて「i STARTER」シリーズで解決してしまいましょう。

画像出典元:「KouTei STARTER」公式HP

関連するサービスの比較記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ