MailChimp

4.0

記事更新日: 2021/03/27

執筆: 編集部

良い口コミ・評判

初期費用をかけず誰でも使いやすい

マニュアルを使わずに自力で作業をできるほどわかりやすいので良かったです。予期費用がかからず誰でも簡単に使えるので、ニュースレターの作成から送信までとても便利に活用できます。

悪い口コミ・評判

表示がすべて英語でわかりにくい

表示がすべて英語なので、英語が理解できる人でないと説明文やエラーメッセージはわかりにくいと思いました。1ミリ単位で修正したいときなど、こだわりがあっても細かい作業ができない点には不便を感じました。

編集部コメント

「Mailchimp(メールチンプ)」は携帯アプリで手軽に始められる、無料プランもあるメルマガ配信サービスです。分析能力も高く、顧客の予測年齢・性別を元に、その客層にあった内容のメルマガを自動配信することができます。マーケティング効率的に行い、顧客のエンゲージメント率を高めたい企業におすすめできるツールです。

メルマガ配信サービスを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

メルマガ配信サービスツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする2サービスの資料をダウンロードできます。

1. 顧客管理

顧客のアクションデータを蓄積・分析し、キャンペーンをはじめる適切なタイミングを予測。

2. オートマティック化

ワークフローに基づきメルマガを自動配信し、新規顧客へのフォローアップやレコメンドも自動で行う

3. デザイン機能

AIがマーケティングに応じて適切なデザインを予測し、クリックするのみでデザイン制作が可能

良い点

無料版でもマーケティングや、デザインアシスタント等の充実した機能を持ち合わせているので、お試し感覚ではじめることができます。プランはアカウントページでいつでも変更可能です。

悪い点

有料プランを選択すると顧客数に応じて料金が変わるので、顧客数が多いと利用料金が高額になる可能性があります。

費用対効果:

無料版では最大2,000件の連絡先に対応しています。

UIと操作性:

アプリをダウンロードすることで、簡単に利用はじめることができます。

社外連携:

250種類以上のアプリやツールと連携することができます。

サポート体制:

月額1,150円~のプランを選択すると、24時間体制のメールサポートを受けることができます。

知名度:

2020年、G2によるベストソフトウェアカンパニー賞に選ばれました。

MailChimpの特徴3つ

1. 細かい顧客データも蓄積

「MailChimp」は顧客と企業の関係性を築く上で、とても優れた機能を持っています。

エンゲージメント率や収益のレポートより顧客の行動パターンを分析し、顧客個人の趣味嗜好をメモに残すこともできるので、より細かいデータを蓄積していくことができます。

これらのデータを使用して、適切なタイミングでキャンペーンなど情報を送信できるので、企業と顧客が一対一で対話しているような、より相手の真に刺さるメルマガ配信が可能となるのです。


顧客とより良い関係を築く

2. 顧客を知る

連絡先データから、より顧客を知っていけるのが「MailChimp」の強みです。

顧客がどの地域にいるか、どのリンクから来たのかを知ることができ、なおかつ年齢と性別の予測も可能です。

このデータより、顧客が今後どのような購買活動をするかを予測し、より効果的な販売促進をしていくことができるのです。


顧客を知る

3. より多くの顧客にリーチ

「MailChimp」はSNS広告やポストカード機能と連携し、より多くの人々にリーチを広げていくことができます。

例えばFacebookやInstagramと連携し、より企業のブランドイメージに近い趣味嗜好を持った顧客に広告を届けることができます。

それにより、より多くの顧客の獲得に繋げていくことができるです。


新規顧客にリーチ

 

MailChimpの料金プラン


無料版もありますが、「MailChimp」が推奨しているのはスタンダードプランです。

マーケティング機能も十分に備わっており、顧客が500人まであれば月額1,750円で利用することできます。

顧客数により金額が上昇し、スタンダードプランでは最大100,000件までの連絡先に対応しています。

MailChimpの評判・口コミ

IT

11〜30人

メーリングリスト配信を安く手軽に行いたい会社にはオススメ

使いやすいと感じた点を教えてください。

まだ使い始めて1ヶ月程ですが、メール本文の作成や配信先の管理など直感的に操作が出来ました。初めてでもメーリングリストの配信作業は一通りマニュアルを参照せず、自力でできた点は使いやすいと評価できます。

不便だと感じた点を教えてください。

一番は表示が全て英語だという事です。説明文やエラーメッセージの英文が分からないときは、別途翻訳のアプリケーションを使いながら操作しています。

マニュアルも英語のため内容が分かりにくいです。

何か調べたい時にはMailChimpを使用した人が作成しているブログを参照しています。

外部連携はしやすいと感じましたか?

メーリングリストのテスト配信が行えますが、Gmailにテストメールが2秒程で届く点は評価します。

他の会社にもおすすめしますか?

メーリングリストの配信を安く手軽に行いたい会社にはおすすめだと思います。

シンプルなメールの本文であれば、直感的に操作ができるので導入のハードルは低いと思います。

サービス

51〜100人

宣伝や販売には持ってこい

利用にかけた費用

初期費用:0円 月額:8,500円

使いやすいと感じた点を教えてください。

テンプレートが豊富なうえ、自分が作ったマテリアルを簡単にはめ込むことができる点が良かったです。コーディングも大体必要じゃなく、必要な際も見やすくなっていた点も気に入っていました。

ニュースレターを送る際に使っていたのですが、個人情報の管理(追加、削除、変更)も分かりやすく、マーケティングアシスタントとしてニュースレターの制作から送信までと重宝していました。

不便だと感じた点を教えてください。

全ての機能が簡単で初期費用もなく月額だけで誰でも簡単に扱えたので、特に不便に思ったことはありませんでした。

ただグラフィックデザイナーとしては、1ミリ単位で直したい箇所の修正(例えばアライン、フォントの少なさ等)ができなかったことには少しイラッとしました。

でも、シンプルなデザインだったら十分に大丈夫だと思います。

あと英語での編集のみになっているので、英語が苦手な人には不便かと思います。

外部連携はしやすいと感じましたか?

私はレストラン関係のニュースレターを作っていたので、予約ページやInstagram、Facebookへのハイパーリンクでとても使いやすいと思いました。また、商品の販売などでPaypalを使っていたのですが、その支払いに関する連携も問題なかったです。

他の会社にもおすすめしますか?

お洒落なデザインもありますし、ホスピタリティ関連全般の会社、商品販売、または個人使用でもおすすめできると思います。月額もサブスクライバー数や内容にもよりますが、自分のバジェットに合わせて選べますしシステム自体も使いやすいので、宣伝や販売には持ってこいだと思います。

強いて言うのなら、CTAが必要の無い会社(例えば送りつけて読ませるのみの内容のニュースレターなど)は、MailChimpでなくてもいいかもしれません。

しかし、情報管理の面もおすすめなので、バジェットが合うのならどの会社でもおすすめできると思います。

まとめ

今回は、「Mailchimp(メールチンプ)」の評判や口コミ・特徴・料金を紹介しました。

無料版でも高機能であり、アプリのダウンロードで直ぐ利用開始できるため、とても使い勝手の良いツールです。

メルマガ配信と共に、マーケティングも強化しながら新規顧客獲得も狙えるのが「MailChimp」の強みと言えるでしょう。

画像出典元:「MailChimp」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

メルマガ配信サービスの資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

その他のメルマガ配信サービス

起業ログが厳選するメルマガ配信サービス
メルマガ配信サービス
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ