SKYSEA Client View

記事更新日: 2021/04/01

執筆: 編集部

編集部コメント

「SKYSEA Client View」はIT資産の運用管理だけでなく、テレワーク(在宅勤務)にも利用できるIT資産ソフトです。社内のPCや周辺機器など、IT資産の管理に悩んでいる企業にはおすすめです。機器情報を自動収集するなどの資産管理に加え、セキュリティ対策も万全。IT資産の管理やセキュリティを自動で一括管理したい企業にはおすすめのシステムといえるでしょう。

IT資産管理ツールを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

IT資産管理ツールツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする1サービスの資料をダウンロードできます。

1. 定期的なバージョンアップ

IT環境の変化にいち早く対応

2. 管理画面がみやすい

大きなアイコンや強調表示で注意喚起

3. 外部との連携

他社ソフトとの連携で機能強化

良い点

ネットワーク上のIT資産情報を自動で収集管理します。資産管理とともに労働時間の管理も行えます。

悪い点

Macでは一部の機能が利用できません。

費用対効果:

UIと操作性:

ネットワーク機器情報を24時間ごとに自動で取得するため、活用状況を把握する手間が省けます。

サポート体制:

定期的なバージョンアップやフォローサービスの他に、問い合わせに対するヘルプデスクがあります。

社外連携:

UTM製品やウィルス対策ソフトとの連携でセキュリティ対策が強化できます。

SKYSEA Client View の特徴3つ

1. IT資産を管理

「SKYSEA Client View」の最大の特徴はIT資産の管理が簡単に行えることです。IT化が進む現代では、社内IT資産管理の効率化は最重要課題と考えられます。

「SKYSEA Client View」は、社内で保有しているPCをはじめ、ネットワーク機器、アプリケーションなど、IT資産全般を一括で管理します。

IT資産を一括管理

管理するためには、社内ネットワークに接続していなければなりませんが、それが難しい他拠点のPCはHTTP(S)通信によるログ収集で対応し管理します。また、スタンドアロン端末は、外部記憶媒体を介してのログ収集で対応します。

管理できるのはハードウェアだけではありません。ソフトウェアに関しても、詳細な管理を行います。

「SKYSEA Client View」では、ライセンス管理をはじめとして、必要に応じた適切な導入がされているかについて、ソフトウェアごとのインストール台数やプロダクトIDの管理で把握します。これらはアプリケーション一覧として、端末別やアプリケーション別に一括表示で管理を行います。

一括表示で管理

さらに、「SKYSEA Client View」はリモート操作でPCの遠隔操作が可能です。機器に関する問い合わせや、操作方法の指示は、わざわざ出向くことなく自席から行えるため、作業効率の向上につながります。

また、電源制御をはじめ、実行ファイルの配布やメッセージ配信など、ネットワークを介していることで可能な機能も搭載されています。

2. セキュリティ対策

次に紹介する「SKYSEA Client View」の特徴は堅牢なセキュリティ管理です。情報漏洩といった社内での取り組みやサイバー対策など外部からの脅威から情報を守ります。

「SKYSEA Client View」では、組織ごと、PCごとにセキュリティ設定が可能です。それを違反した使用が感知されると、対象PCに注意表示をするとともに、操作を制限、禁止します。

不適切な操作を発見・注意

また、使用許可のないPCがネットワークに接続された場合も、それを検知し管理者に通知されます。ネットワークからは自動的に遮断されるため、ウィルス感染対策も同時に行うことができます。

不許可PCも自動で検知

一方、外部からの攻撃に対し「SKYSEA Client View」では、UTM製品、ウィルス対策ソフトウェアなどとの連携により、階層的な防御を行いリスクを最小限におさえます。マルウェア侵入やウィルス感染の異常を検知した場合、自動的にネットワークから遮断する設定が可能です。

階層的に防御

社外に持ち出したPCの対策も万全です。出張などで社外ネットワークを利用してインターネットに接続する際には、社内ネットワークの経由を強制的に行うことで、社内で利用するときと同等レベルの対策が可能です。また、持ち出し禁止のPCが社外に持ち出された場合、自動的にインターネットへのアクセス制限が実行されるため、リスク回避に役立ちます。


社外への持ち出しにも対応

3. 過重労働対策

「SKYSEA Client View」の特徴の3つ目は、過重労働対策もできるところです。ログによるPCの挙動管理をそのまま従業員の労働時間の可視化に利用しているのです。

「SKYSEA Client View」が管理できるログは様々です。起動・終了ログを始め、操作ログ、アプリケーションログ、ファイルアクセスログなど、業務での操作は逐一管理しています。これらは、閲覧画面で一括表示されます。

操作をログとして管理

このようなログ管理を行うことで、労働時間の把握はもちろん、負荷が高い部署や従業員、業務内容など、様々な情報が得られます。また、管理PCを利用していれば、出張先や在宅勤務での業務内容の把握も可能です。

労働法では、タイムカードなど従業員の労働時間の記録は3年間の保管が義務付けられていますが、「SKYSEA Client View」では最長10年間保存が可能なので、法令順守としての利用も可能です。


労働時間管理にも利用可能

 

SKYSEA Client View の料金プラン

料金は導入条件によって異なるようです。詳細はお問い合わせをする必要があります。

SKYSEA Client View の評判・口コミ

監視機能でルール厳守のモチベーション維持
コニカミノルタジャパン株式会社

テレワーク推奨にあたりセキュリティ対策強化が必要になり「SKYSEA Client View」を導入しました。PC操作が監視されているという認識が全社的に広まり、ルールを守る意識づけ、モチベーションの維持ができました。その一方で、手作業で行っていた管理業務も自動化することができたため、作業効率もあがりました。

いつでも数字を把握でき、分析もしやすい
株式会社ココカラファイン

調剤薬局でのお客様の個人情報管理のために、ログを記録してセキュリティ対策に取り組める「SKYSEA Client View」を導入しました。ログはセキュリティ診断での活用の他に、起動・終了ログによるサービス残業防止にも役立てています。

*「SKYSEA Client View」公式HP参照

まとめ

増え続けるIT資産の管理に悩んでいる会社にはうってつけです。それは「SKYSEA Client View」がネットワーク上の機器情報を自動収集し1つの台帳で管理するからです。

ログを活用した機器管理は、外部からのサイバー攻撃に対する防御にも役立ちます。また、IT機器の運用管理は、そのまま従業員の労働時間管理にも利用できます。

手作業での台帳管理の効率化、情報漏洩に対する危機管理の徹底を考えている企業にはおすすめのシステムといえるでしょう。

画像出典元:「SKYSEA Client View」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

IT資産管理ツールの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

起業ログが厳選するIT資産管理ツール
IT資産管理ツール
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ