サッポロビール株式会社の決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

記事更新日: 2019/04/12

執筆: 編集部

減益減収!11年ぶりの新商品ビールに期待をかける「サッポロビール」の第16期決算

第16期決算公告

業績推移

決算期
(億円)
16/12
(第14期)
17/12
(第15期)
18/12
(第16期)
売上高 2,777 2,788 2,505
営業利益 85 89 52
経常利益 85 94 58
当期純利益 37 71 34
利益剰余金 114 167 130


サッポロビールといえば「サッポロ生ビール黒ラベル」と「エビスビール」が有名ですが、業績は伸び悩んでいるようです。

2017年3月にエビスブランドから発売した「華みやび」はヒットしましたが、2018年は「黒ラベル」の販売強化や缶チューハイの新ブランド立ち上げなどに経営資源を割いたことや、新ジャンル「麦とホップ」のリニューアル版が思うように販売数量を伸ばせなかったことで、減収減益となってしまいました。

2019年4月に、2008年以来11年ぶりに通年で全国販売するビール「ソラチ1984」を発売しました。
久々の新商品登場で消費者の注目が集まることを期待したいです!

出典:公式HP

会社概要

会社名 サッポロビール株式会社
事業内容 酒類の製造・販売他
所在地 東京都渋谷区恵比寿四丁目20番1号 (恵比寿ガーデンプレイス内)
設立日 2003年7月
代表 髙島 英也
資本金 100億円
kigyolog_kessanの最新記事をチェック

この記事に関連するラベル

他企業の情報

ページトップへ