株式会社ブレイゾン・セラピューティクスの決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

記事更新日: 2019/02/09

執筆: 大橋紗保莉

6億円の資金調達成功!東京医歯大発のバイオベンチャー「株式会社ブレイゾン・セラピューティクス」の第3期決算

第3期決算公告

  • 当期純利益:△9,812万円
  • 利益剰余金:△1億5,070万円

株式会社ブレイゾン・セラピューティクスは、東京医科歯科大学発のベンチャー企業です。
医薬品関連技術の開発を手がけ、脳に薬を届けるのに障壁となる、血液脳関門を突破する技術を開発しています。

2018年8月、 東京大学協創プラットフォーム開発、ベンチャーキャピタルのファストトラックイニシアティブなど3社第三者割当増資により約6億4,000万円の資金を調達しました。
今回の資金で、海外に拠点を作り、国内外製薬との契約を加速させていくと発表しています。

会社概要

会社名 株式会社ブレイゾン・セラピューティクス
事業内容 主に中枢神経領域を対象とした医薬品、診断薬、研究用試薬などの研究開発、ライセンス等(東京大学および東京医科歯科大学の共同研究成果に基づくバイオ・創薬領域の事業)
所在地 東京都文京区本郷3-42-1 三友ビル201
設立日 2015年10月
代表 戸須 眞理子
資本金 3億8,178万円

他企業の情報

この記事に関連するラベル

ページトップへ