【eラーニングを効率管理】LMSとは?機能と導入メリット、おすすめシステム3種を解説!

【eラーニングを効率管理】LMSとは?機能と導入メリット、おすすめシステム3種を解説!

記事更新日: 2020/07/02

執筆: 編集部

社員教育にもeラーニングが導入されるようになり注目を集めているのがLMSです。

LMSとは「Learning Management System」の頭文字3つを取ったもので「学習管理システム」という意味です。

eラーニングの運用に必要な様々な機能を備えた管理システムをLMSと呼びます。

LMSは企業の従業員教育や研修、人材育成などの分野で活用されています。

LMSを導入することで、教材コンテンツや学習者の管理、学習者の進捗状況の管理などが簡単に行えるようになります。

この記事ではLMSの意味、機能、教育者側と学習者側それぞれのメリットを紹介します。おすすめのシステムについても触れますので、導入を検討されている方はぜひ参考にしてください。

LMSとは?

LMSとは英語の「Learning Management System」の頭文字3つを取ったもので、訳すと「学習管理システム」となります。

簡単に説明すると、LMSはeラーニングの運用に必要な様々な機能を備えた管理システムのことを表しています。

LMSを導入することで教育者側は、学習教材や学習者の進捗状況、学習成果などを一元管理できます。

学習者側も受講や問い合わせ、受講者コミュニティで意見を交換するなどの活動が簡単に行えるようになります。

LMSが導入されるようになった背景

これまでのeラーニングはパソコンとCD-ROM教材で行われていました。大容量のCD-ROMはたくさんの情報を収めるのに便利でした。

しかしCD-ROM教材は学習者のために1枚1枚作成し配布しなければならない、一度作成した教材は内容を修正するのが難しいという問題がありました。

さらにたくさんいる学習者どこまで学習したかの進捗状況を一元管理するということも難しいです。

こうした問題を解決するためにオンラインで教材を配布し、学習者を管理するという方法があります。

しかし、それを実現させるためには、教育者側にネットワークやシステムに関する知識やスキルが求められます。さらに教材データの無断使用の防止策を講じる、学習者のレベルに合わせた講座や教材を設定するなどの課題も生まれます。

企業でも新人教育や社員研修にeラーニングを導入したいと思ってもこうした課題が障害となってきました。

こうした様々な課題を解決しeラーニングに進歩をもたらしたのがLMSです。

LMSの主な機能

LMSを導入すれば以下の2つを効率的に行えるようになります。

  • 学習者と教材の一元管理
  • 学習者の進捗状況の一元管理

LMSに搭載されている機能を知れば、なぜこうしたことができるのか理解できます。

LMSに搭載されている一般的な機能

LMSに搭載されている機能には次のようなものがあります。

下記のような便利な機能が搭載されているので、LMSでは学習者と教材の管理、それぞれの学習者の進捗状況の管理といった作業が楽に行えるようになります。

  • 学習者の登録・変更・削除
  • 教材の登録・管理
  • 学習者への教材の配信
  • 学習者個人の学習履歴・進捗状況・成績の管理
  • 成績集計
  • 統計分析
  • 情報共有のための掲示板やチャット
  • 学習者へのメール送信
  • ライブ配信

 

注目すべきLMSの機能

注目すべきは搭載されている機能の中でも紹介した。掲示板やチャット機能、メール送信、ライブ配信機能です。

こうした機能により、LMSは学習教材を扱い学習者を管理するだけでなく、学習意欲を維持したり促進させたりすることができるようになりました。

たとえば、チャット機能を使えば学習者同士がグループを作成し進捗状況や学習する上での悩みなどを共有できるようになります。

メール機能を使えば教育者側が進捗率の低い学習者や社員に学習指導したり、励ましたりすることができます。

ライブ配信機能を使えば、遠隔地にいる学習者や社員も受講することができます。

LMSの標準規格SCORM

とても便利なLMSですが、LMSのベンダーが独自のLMS規格を立ち上げると、LMSとコンテンツ(ここでは教材のこと)の互換性が失われてしまいます。

それでLMSとコンテンツの間にあるインターフェースやデータ形式を規定し標準化したものがSCORMです。

これによりSCORMの規格にそったLMSやコンテンツであれば互換性を持てるようになりました。統一化された規格にそった教材はいろいろなLMSで使えるようになったというわけです。

LMSを導入するメリット

LMSの導入には学習者(企業の場合は新入社員や従業員)、教育者や管理者(企業では教育もしくは研修担当者)それぞれにメリットをもたらします。次にLMSの導入で学習者、教育者、管理者それぞれにどんなメリットが生まれるのか紹介します。

学習者のメリット

  • 教材の開始地点・終了地点など全体の流れがすぐに把握できる
  • 学習の進捗状況やテスト結果がリアルタイムで表示されるのでモチベーションの維持、スキル取得へのロードマップなどがイメージしやすい
  • 学習履歴などから自分の得意分野や苦手分野を把握できる
  • 企業によっては場所や時間を問わずに受講できる
  • タブレットやスマホで受講予約や学習ができるものもある

 

教育者のメリット

  • テスト結果や実施時間などが自動集計されるので、集計や添削の時間と手間がかからない
  • 成績や進捗状況が個別に確認できるので、個別指導に役立てることができる
  • 学習データはサーバーに保存されるので、eラーニング以外の目的、たとえば人事異動や昇進の判断材料として利用できる

 

管理者のメリット

  • eラーニングのためにあらためてシステムを構築する必要がないのでコストの削減、迅速な導入が可能
  • 学習者や教材の管理をブラウザ上ですべて行えるので操作性に優れている
  • すべてのデータがLMSで集中管理されるので運用や保守が容易

 

おすすめのシステム3種類

etudes(エチュード)

UI(ユーザーインターフェイス)が使いやすくて学習意欲が損なわれないと評判なのがこのクラウド型LMSのetudesです。

また緻密な管理機能を搭載しており数人~数十万規模までの学習者を管理運用することが可能です。

LMSの導入が初めて、セキュリティがしっかりしているLMSを導入したいという企業におすすめできます。

etudesのおすすめポイント

  • パソコン・スマホ・タブレットに対応した多彩な教材が配信可能
  • 択一式、複数選択式、自由回答などの出題形式のテストが作成可能
  • アンケートの配信も可能。設問の作成はブログ感覚でサクサク作れる
  • eラーニングに加えて集合研修の申込・履歴管理も可能
  • 人事システムとのデータ連携が

 

etudesの料金プラン

初期費用は無料です。ただし毎月の利用費用は問い合わせが必要となっています。

etudesの機能や特徴についてさらに詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

 

eden LMS

「eden LMS」はリーズナブルな料金で柔軟に運用可能なクラウド型のLMSです。

導入コストをなるべく抑えたいという中小企業やスタートアップ企業におすすめです。

eden LMSのおすすめポイント

  • 学習コンテンツ作成が簡単
  • 初期費用なしで月単位で利用プランの変更が可能
  • 集合研修や実技講習などオフラインでの実施教育における受講者履歴の管理や参加者募集可能

 

eden LMSの料金プラン

「eden LMS」は初期費用無料で開始でき、下記の3つの基本プランからいずれかひとつを選べます。

毎月プランを変更することもできるので、自社の利用形態に沿った運用が可能です。

「eden LMS」の機能や特徴についてさらに詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

 

Playse eラーニング

「将来的には自社教材も作成したいけど、今のところはそれがないので既存の教材を使いたい」という企業におすすめなのが「Playse eラーニング」です。

「Playse eラーニング」ではビジネスマナーやおもてなし、接客や営業、さらにリーダーシップやマネジメントなどさまざまな分野を扱った2,000のレッスンが見放題なので最初から自分たちで教材を作る必要がありません。

Playse eラーニングのおすすめポイント

  • スマホ・タブレット・PCのブラウザで利用可能
  • セールスマン向け、エンジニア向けなどのカリキュラムが柔軟に設定できる
  • 誰がどんな教材を、どこまで、何時間受講したか、テストは何点だったかなどがレポートで把握できる
  • 動画・スライド・PDFなどで自社教材やテストが作成できる

 

Playse eラーニングの料金プラン

Playse eラーニングの機能や特徴についてさらに詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

 

まとめ

LMSとは「Learning Management System」の頭文字3つを取ったもので「学習管理システム」という意味です。

eラーニングの運用に必要な様々な機能を備えた管理システムをLMSと呼びます。

LMSは企業の従業員教育や研修、人材育成などの分野で活用されています。LMSにより教材コンテンツや学習者の管理、学習者の進捗状況の管理などが簡単に行えるようになります。

クラウド型のLMSを選択すれば、初期費用を抑えてすぐにでも導入が可能です。

自社で教材コンテンツを準備していなくてもすぐに活用できるサービスなどもあるので、早期の導入を検討しているならそうしたサービスを選ぶこともできます。

この機会にLMSを導入し、新入社員教育や人材教育により一層力を入れてみるのはいかがでしょうか。

今回紹介した以外のLMSサービスやeラーニングについてさらに知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

画像出典元:Pixabay

最新の記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ