【徹底解説】事業継続緊急対策(テレワーク)助成金の詳細と申請方法について

【徹底解説】事業継続緊急対策(テレワーク)助成金の詳細と申請方法について

記事更新日: 2020/03/06

執筆: 有薗恒輝

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、東京しごと財団はテレワークを導入する都内の中堅・中小企業等に対して助成金が出されることになりました。その額、最大250万円です!

この記事では詳しい内容と申請のやり方について説明します!

はじめに

今回の助成金は新型コロナウイルス感染症等の拡大防止および緊急時における企業の事業継続対策として、テレワークを導入する都内の中堅・中小企業等に対して、その導入に必要な機器やソフトウェア等の経費を助成するというものです。

では詳細を見ていきましょう!

対象となる企業について

対象企業は下記の条件を満たしている企業となります。

  • 常時雇用する労働者が2名以上999名以下で、都内に本社または事業所を置く中堅・中小企業等
  • 都が実施する「2020TDM推進プロジェクト」に参加していること
  • 都内に勤務する常時雇用する労働者を2名以上、かつ申請日時点6か月以上継続して雇用していること
  • 都税の未納付がないこと
  • 就業規則を作成して労働基準監督署に届出を行っていること(常時雇用する労働者が 10 人以上の企業等) 
  • 本事業の助成金を利用又は申請した中堅・中小企業等の代表者と、新たに助成対象事業者になろうとする中堅・中小企業等の代表者が同一でないこと

などです。

この2020TDM推進プロジェクトの参加条件は下記となっています。

実施期間

支給決定日以後、令和2年6月30日までに完了する取組が対象となります。

 

助成の対象となる経費について

10万円未満の商品にのみ対象とされるため、現実的なのはタブレットや周辺機器、ソフトウェア系となりそうです。

 

申請のやり方

助成金事業の流れ

上図の青枠が申請企業が対応する必要があることです。順を追って見ていきましょう!

1. 支給申請書類の作成

必要な書類は以下です。

① 事業計画書 兼 支給申請書(様式第1-1号)

② テレワークを活用した事業継続及び従業員の安全確保にかかる計画(様式第1-2号)

③ 誓約書(様式第2号)

④ その他助成事業申請に係る書類

こちらからダウンロードしましょう。

 

2. 書類の提出

申請受付期間:令和2年3月6日(金)~令和2年5月11日(火)

※締切日必着
※郵送により、支給申請書類を提出

<申請書類の提出先>
(公財)東京しごと財団 雇用環境整備課 職場環境整備担当係
〒101-0065
千代田区西神田3-2-1 住友不動産千代田ファーストビル南館5階

※「事業継続緊急対策(テレワーク)助成金 申請書類在中」と記載する必須あり

 

3. 支給決定通知を受け取る

書類を提出してから支給決定がおりるまでの期間は最長約1か月です。

 

報告書の作成から助成額受け取りまでの流れ

4. 実績報告書の作成と提出

助成事業が完了後、実績報告書を作成し、報告する必要があります。

報告期限は原則として、令和2年7月31日(金)までとなっています。

 

5. 助成額の確定と受け取り

実績報告に基づき、審査を経て助成額が確定されます。

確定後、助成金請求書兼口座振替依頼書に必要事項を記入し、実印を押印の上、郵送することとなります。

支払いは、郵送後1か月程度です。

 

まとめ

以上が助成金の詳細と申請のやり方でした。

予算の範囲を超えたら期間内であっても中止ということなので、対象の企業であればなるべく早く申請するようにしましょう!

 

東京しごと財団事業継続緊急対策(テレワーク)助成金」より引用

画像出典元:o-dan

最新の記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ