マーケティングとは?基礎から考える必要な戦略と手法を徹底解説!

マーケティングとは?基礎から考える必要な戦略と手法を徹底解説!

記事更新日: 2021/04/23

執筆: 編集部

この記事では、マーケティングの概要から重要性の理由、最近のマーケティング手法と事例を解説しています。

マーケティング戦略に活用できるフレームワークとマーケティングオートメーションも紹介します。

変化の早いマーケティングを理解し、売上に繋がるマーケティング活動を実行しましょう。

マーケティングとは

マーケティング(英: marketing)とは、企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である。また顧客のニーズを解明し、顧客価値を生み出すための経営哲学、戦略、仕組み、プロセスを指す。

(出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

マーケティングは企業が利益を得るためになくてはならない活動です。

「商品を売り込む」営業とは別の角度から商品を売り込む手段と市場を開拓するのがマーケティングの役割です。

一つの商品に対してマーケティングが必要になるのは、ペルソナ設定、市場開拓、商品ラインナップ、売り込み計画など多岐にわたります。

マーケティングのプロセス

1. 市場分析

既存市場か新規市場など、売り込む市場の分析をする

2. セグメンテーション

売り込む市場のニーズをさらに細かく分析する

3. ターゲティング

売り込む商品のニーズを確認する(ペルソナ設定)

4. ポジショニング

商品価値を決める(カスタマーバリュー)

5. マーケティングミックス(4P)

Product(製品)、Price(価格)、Place(流通)、Promotion(販促活動)の認知度を高める

6. 実行と効果検証

1から5を実行した効果を踏まえて、マーケティングプロセスを再度検討する

マーケティングは利益循環を生み出すための活動です。

経営学の神様と呼ばれるピーター・ドラッカー氏は「マーケティングの理想は販売を不要にすることである」と述べています。

マーケティングの最終目的は、企業から積極的に消費者に働きかけることなく商品が売れる状態を作り出すことです。

マーケティングによって消費者が自発的に購入する仕組みを作る事は、販促コストを削減・利益に繋がります。

マーケティングの重要性

最近の企業がマーケティングを重要視する理由は2つです。

「Webの発達による購買プロセスの変化」

「消費者主導による市場の変化」

上記の理由によって、消費者自身が購買の意思決定を持ち、従来のマーケティング手法だった広告や売り込みに効果がなくなったことでマーケティングに変化が求められました。

最近のマーケティングは「使いやすさ」「分かりやすさ」「コンセプト」「ユーザーニーズ」を重視した企業が増えています。

消費者自身が情報集をして、購買の意思決定を高める仕組みを提供する事がマーケティングになったからです。

コンセプトマーケティングの事例:無印良品

無印良品はペルソナ設定を無くして「ターゲットを絞らない」ことでターゲットを広げるというコンセプトマーケティングで有名です。「モノしか見えないモノをつくる」という考えのもと、ペルソナを設定しない事で多様な人の「暮らしの中に溶け込む」「感じの良い暮らしを実現する」を重視した商品を展開する事で、幅広い消費からの指示と安定した売上を得ています。

 

最近のマーケティング手法

時代によってマーケティング手法も変化しています。

企業が生き残るためには時代にあったマーケティングをしていく必要です。

現代社会で必要とされているマーケティング手法を以下では紹介します。

コンテンツマーケティング

SNSなどが発達し、誰でも情報発信ができるようになった現代ではコンテンツマーケティングが注目です。

ターゲットにとって適切かつ価値のあるコンテンツを発信することで、ターゲットに製品やサービスを見つけてもらい、ターゲットと信頼関係を築いた上で購入に結びつけることがコンテンツマーケティングのポイントです。

コンテンツマーケティングの事例:サイボウズ

サイボウズは、読みやすさとオリジナルのイラスト掲載など多くの人の共感を得られるようコンテンツ作りを実践しています。その結果、サイボウズを知らない潜在顧客層に向けたコンテンツ展開がオウンドメディアを使って業務効率化クラウドサービス「kintone(キントーン)」の宣伝に繋がりました。

 

デジタルマーケティング

デジタルメディアを通じて消費者と商品を結びつけることをデジタルマーケティングと呼びます。

デジタルマーケティングは、広告宣伝と企業と顧客の情報交換を兼ねており、顧客ニーズが可視化され商品開発に生かすことが出来ます。

デジタルマーケティングの事例:ライオン

ライオンは、洗剤のマーケティング販促として洗剤・洗濯の話題だけで盛り上がる場(Webサイト)「ライオン トップ ファンコミュニティ(2020年6月30日終了)」を立ち上げ洗剤に対する口コミを集めます。Webサイトからモニターを募集し、モニター意見を取り入れた商品づくりをした結果、消費者に支持される洗剤を発売し、売上につながりました。

 

One to One マーケティング

消費者一人一人の購買履歴やニーズに合わせて個別にマーケティングを行うことをOne to Oneマーケティングと呼びます。

マーケティングの現場でも情報収集・解析が容易になることによって、大衆に向けたマーケティングではなく消費者一人一人に合わせたマーケティングが今後は主流になることも予想されます。

One to One マーケティングの事例:すかいらーく

すかいらーくは、POSデータとレジから得たデータから顧客分析を行い、顧客一人一人に合った案内やクーポンを発行するようにしました。顧客のニーズに合った案内を出すことで顧客の関心の継続と来店回数やデリバリー利用件数の増加に繋がり、売上が上昇しました。

 

マーケティングの役割

企業にとってマーケティングは、商品が売れるか売れないかの鍵を握っていると言えます。

  • 市場調査
  • 商品開発
  • 製造
  • 輸送
  • 宣伝
  • 販売

新規市場の開拓だけではなく、すでに製造・販売されている商品をどのようにして売るかを考える事もマーケティングの役割です。

これまで全く売れなかった商品でも、適切なマーケティングによって大ヒットするということも珍しくありません。

資生堂シーブリーズの例

資生堂のシーブリーズは元々「20〜30代の海でサーフィンを楽しむ男性」をターゲットでした。しかし、休日に海に行く人が減少しシーブリーズの売上が低迷します。そこでターゲットを部活や体育の後に汗を気にする高校生に設定し直しました。シーブリーズは新たな商品イメージで売り上げを回復した例です。

 

マーケティングに活用するフレームワーク

以下ではマーケティングの際に活用するフレームワークについて解説していきます。

3C分析

3つのC(「Customer(市場・顧客)、Competitor(競合)、Company(自社)」)を分析することで自社にとって最適なマーケティング方法を見つけることができます。

マーケティングを行う際には自社だけでなく自社を取り巻く競合や市場の環境も分析する必要があります。

市場・業界環境を整理に3C分析は便利です。

STP分析

STP分析(「Segmentation(市場細分化)、Trgeting(狙う市場)、Positioning(自社の立ち位置)」)によって自社の製品が市場でどのような価値を持つのかを知ることで有効な戦略を立てられます。

STP分析は、市場の中での自社製品の立ち位置把握に役立ちます。

その他のフレームワーク

他にも政治や経済、社会、技術などマクロ的視点からマーケティングを考えるPEST分析や、事業環境の分析を行う上で有効な5フォース、どのようにしてターゲット層に商品の情報を届けるかを考える4Pなどがあります。

企画立案から消費者の手に商品が届くまでを統括するマーケティングの各段階において適切なフレームワークを利用することで、戦略を立てる事ができます。

その他のフレームワークは下記の記事から確認できます。

 

まとめ

企業が競争に勝ち抜き、存続するためには時代にあったマーケティングが必要不可欠です。

マーケティングには企業利益を上げる効果だけでなく、企業の社会的価値や信頼も高める効果があります。

マーケティングの事例を参考にして、自社に合ったマーケティング活動を行ってください。

変化の早いマーケティングに対応するためにMA導入をおすすめします。

画像出典元:Pixabay

この記事に関連するラベル

MAツールの概要・サービス一覧をみる

最新の記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】MAツール選びのお役立ち資料
MAツール
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ